2009年4月アーカイブ

寝具は毎日使う物なので、取扱いのしやすさは重要です。
涼感ジェルマットは折り畳むことができ、畳むと持ち運びしやすい大きさになります。
ジェルマットは水分を多く含んでいるので、ずっしりと重たいです。
布団をご使用の方の場合、毎日の布団の出し入れ時に冷却ジェルパッドを外さなければなりませんが、このとき涼感ジェルパッドだとさっと畳めて小さく収納できます。
ベッドの場合でも、寝ている間は汗をかくので、シーツやタオルケットを清潔に保つためにはその都度冷却ジェルを外した方が良いでしょう。
冷却ジェルは重量があるので、折り畳めないタイプだと結構取り外しが大変です。
特にシングル全面に敷くタイプ(朝までクールや、スペースアイスシートにあるタイプ)は、かさも重量も大きくて取扱いが大変なので、敷きっぱなしにするのが前提の人以外は選ばない方が無難でしょう。
同じサイズでも、コンパクトに折り畳んだ状態で持で持つ方が体感重量は少ないです。
涼感ジェルマットは「取扱いのしやすさ」にこだわった商品なので、折り畳めるように開発されました。

シングルハーフサイズの涼感ジェルマットLサイズは、4つの冷却ジェルで構成されています。冷却ジェルはファスナーから個別に取り出せます。冷却ジェルを2つ取り出し空になったカバーのスペースを下に織り込むと、Mサイズと同じサイズになります。

冷却ジェルは、冷やすために冷蔵庫に入れたりする必要はありません!
「涼感クールジェル」は、自然の原理で冷たくなるのです。
その仕組みをご説明します。

冷却ジェルの主成分は「水」です。ぬるま湯を部屋に置いておくと、温度が下がりますよね?水は周りの温度になろうとする性質を持っています。例えば、部屋の温度が
28℃だとしたら、涼感ジェルマットも自然と28℃になります。私たちの体温は、だいたい36℃位ですので、28℃の涼感ジェルマットは冷たく感じます。
空気の28℃よりも、直接触れる冷却マットの28℃の方が「ひんやり」感じるのです。

自然のひんやり感だから、体にも優しく、
またクーラーを付ける頻度が減るのでエコな商品です。

冷却ジェルマットは何年もちますか?

最低でも○○○年は持ちます。

カバーは洗濯して干していただけますが、中の冷却ジェルは直射日光に当てないでください。冷却ジェルに直射日光に長時間当てると変質し、機能が低下してしまいます。

Lサイズ(シングルハーフサイズ)で6.15kgと、見た目よりもずっしり重く感じると思います。冷却ジェルパッド自体が重いものなので、この系統の商品はどうしても重くなってしまいます。ただ、この商品は簡単に4つに折り畳み、コンパクトにすることができます。なので、折り畳めない商品に比べ、体感する重さは少ないと思います。コンパクトになるので収納場所に悩まなくて良いことも利点です。

表と裏は違うんですか?

涼感ジェルパッドは、表も裏も同じです。どちらの面を上にしてご使用いただいても問題ありません。

涼感クールジェルマットは、コンパクト折り畳めます。カバーを洗いよく感想させ、専用収納ケースに入れ保管してください。収納時は、上に突起物のあるものや重い物を乗せないでください。冷却ジェルパッドの変形の原因となります。

涼感ジェルマット は、専用カバーが付いてます。中の冷却ジェルはいくつかのブロックにわかれていて、一つ一つのジェルは小さめなので出し入れも簡単!お気軽に洗濯できるので、いつも清潔に保てます。(図:4つのブロック)

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。